【一眼カメラ 初心者向け】一眼カメラを買うか迷ってる方に

カメラ

趣味としても人気の高い一眼レフ/ミラーレスカメラ。
最近では近場の公園を歩いてても、一眼を首に下げてる方が増えたように思います。
「まわりも一眼のカメラ持ってるし、買おうか悩んでいる」という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

僕自身仕事柄、素材を自前で撮影してデザインに利用することも多く、
趣味も兼ねて一眼をつかったカメラ撮影はよく行っています。
(最近プライベートでは子供の写真ばかりですが。。)
そんな僕が実際に一眼をつかってきて感じた点とあわせて
「一眼を買うか迷ってるならここを基準に考えてみたらどうか」
というお話をさせていただきたいと思います。

使用カメラ(個人用)
SONYのα6000というミラーレス一眼を使用しています。
5年以上前に購入したものですが、コンパクトで気軽に持ち歩ける上に
画質・機能ともに一眼として十分なものを備えているためとても重宝しています。

「一眼カメラで撮る=キレイに撮れる」ではない

おそらく一眼カメラの購入を考えている方が最初に思うのが
「スマホで撮るよりカメラで撮る方がきれいに撮れるのでは」
という点ではないかと思います。
僕個人の考え方になりますが、価格域や作られた時期による基本性能の差をのぞけば
普通に撮る分にはスマートフォンと一眼には大きな差はないと思っています。
食べ物などいわゆる「映える写真」「被写体自体の魅力」
光の当て方・撮る角度などの「撮影手法」の方が影響は大きいですし
「目がチカチカするほど色鮮やかな写真」は大なり小なり色調補正がかかっています。
一眼カメラで撮った写真も、補正なしで出力すればスマートフォンと
そこまでおおきな差は生まれません。
(レタッチに耐えられるデータが保存できるか否かという点で実は大きな差があるのですが、一歩踏み込んだ話になるので今回は割愛いたします)
最近ではスマートフォンのカメラ性能も向上し、一眼ならではと言われていた
「背景がボケた写真」もスマートフォンで撮れるようになりました。
「一眼を購入!これでキレイな写真が撮れるぞ!」と期待してシャッターを切っても
あまり期待通りにはいかないかもしれません。

スマートフォンカメラと一眼カメラの大きな違い

ではスマートフォンのカメラ機能と一眼カメラの大きな違いはなんなのか。

まず一つ目は「撮影時の設定を変えられるか否か」
スマートフォンでは基本的に撮影時の設定はすべて機械が行ってくれます。
ユーザーはピントを合わせたいところをタップしてシャッターを切るだけでOK。
技術が進歩しているため、最近は光の少ない夜間の写真でも機械まかせでかなりキレイな写真が撮れるようになりました。
一眼カメラはこの「撮影時の設定」を自分で切り替えることができます。
各設定の知識が必要になりますが、この設定を変更することで
より自分がねらった写真を撮ることができるようになります。

もう一つは「拡張性」
お金のかかる話になってしまいますが、
一眼はレンズやストロボ・三脚など、さらに機材を加えることで
撮影できるシチュエーションの幅を大きく広げることができます。
最近ではスマートフォンでもレンズや三脚など様々なアイテムが出てきましたが
スマートフォン用の場合は小型・軽量が前提になるので
各製品の性能、とりわけレンズについては質・バリエーション共に
一眼のものに軍配が上がります。

これを撮りたければ一眼購入はアリ

上記をふまえて一眼を買うかの基準を僕なりに考えてみました。
一言で言えばスマートフォンで対応しきれない特殊なシーン」を撮りたいかどうか。
これだけ聞くとそんな状況あるのかと思いますが、
ざっくり書くと以下のような状況があげられます。

激しく動く被写体の撮影

公園で元気いっぱいに走り回る子どもや動物・スポーツをしている選手など。

絶えず動いている被写体をスマートフォンで撮ると
どうしても被写体がブレてしまいます。
一眼カメラは光を取り込む時間「シャッタースピード」を短く調整することで
被写体がはげしく動いてもクッキリした写真が撮れます。

元気いっぱいに走り回る子どもの詳しい撮影方法はについてはこちらの記事もどうぞ。

夜間など暗い場所での撮影

遠くの夜景やイルミネーション、星空の撮影など。

こちらはスマートフォンでもキレイな写真が撮れるようになりました。
ですが、星空のように光が十分に取り込めない状況だとまだノイズが目立ちます。
一方一眼ではシャッタースピードを長く伸ばすこと
ノイズを抑えつつ暗い中でもキレイな写真を撮ることができます
(ただし、シャッタースピードが伸びる=ブレやすくなるので三脚も必要になります)
また、設定を変えることで光のボケ具合や明るさが変わるので
全く違う印象の写真を撮れるのも一眼の魅力の一つです

夜間の撮影方法については、こちらの記事もどうぞ。

遠く離れた場所からの撮影

空港のデッキから飛行機を撮る。動物園で柵越しに動物を撮る。
観客席からショーを撮るなど。

意外と多いのが遠い場所から被写体を撮影する場合。
子供の運動会なんかもそうですね。スマートフォンにもデジタルズームという
機能がありますが、こちらは撮影した画像を拡大したい部分だけ切り抜くというもの
なので、処理をかけると解像度が粗くなります。
一眼の場合は「望遠レンズ」を使用することで双眼鏡のように遠くの被写体を
拡大して撮るので、解像度を崩すことなく遠くのものが撮影ができます。

以上のような状況で写真を撮りたいと考えている方は
一眼カメラの購入を視野に入れてもよいかもしれません。

最後に

今回は一眼の購入を考えられている方に
判断材料の一つにしてもらえたらと思いお話をさせていただきました。
「一眼を購入したから写真がキレイになる!」とはいきませんが、
いままでスマートフォンで撮影していて、
「どうしてもうまく撮れない・思ったような絵にならない」
そういった場合は、もしかしたら一眼を使えば狙った写真が撮れるかもしれません。

一眼カメラ購入検討の参考になりましたら幸いです。

コメント

  1. […] 目的のものを撮影するときは一眼カメラでじっくり撮影します。設定を変えたり、角度を変えたりして良い写真を検討します。また、周囲が極端に暗くなったりしてオートでは綺麗に撮れない時なども一眼カメラで撮影すると綺麗に撮れたりします。詳しくは「【一眼カメラ 初心者向け】一眼カメラを買うか迷ってる方に」に一眼が得意とするシチュエーションをまとめましたのでこちらも合わせてご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました