【アレクサ 定型アクション】定型アクションでスマートスピーカーがもっと便利に

IoT

スマートスピーカーを操作する上でかかせない「AIアシスタント」
僕はAmazon Echo Show 5を家に置いているので、AIアシスタントは「アレクサ」を
使用しています。
その「アレクサ」の中にある機能「定型アクション」がとても便利だったので、今回は僕自身の
アウトプットも兼ねて定型アクションについて紹介したいと思います。

・アレクサを使っているけど、もっと便利な使い方を模索中
・定型アクションの使い道がいまひとつわからない

といった方の役に立てたら幸いです。

定型アクションとは

「実行条件」「実行するアクション」を設定してオリジナルの指示として登録することで、より便利にアレクサを使いこなせる機能です。

「実行条件」は
「開始フレーズ指定(声かけ)」「時間指定」「スマートホーム(外部デバイスから)」「アラーム停止時」の四つから選ぶことができ

「実行するアクション」は
天気・ニュースを流したり、音楽をかけたりといったアクションはもちろん、
追加でアレクサに導入したスキルも設定することができます。
アクションは一度に複数個設定することができるので
ひとつの指示でいくつものアクションをまとめて行ってくれます。

定型アクションの使用例

アクションをグループ化して一度に実行

定型アクションの基本的な使い方になるでしょうか。
「実行するアクション」を複数設定し、自分の使いやすいフレーズを「実行条件」にすることでいちいちアレしてコレしてと指示せずとも、
一言ですべて実行してくれるようになります。

例「アレクサ、おはよう」の一言で「今日のニュース」「今日の天気」「今日のゴミの日」を教えてくれる

僕が実際に設定しているカスタム指示です。朝はあまりテレビを見ないので、
ニュースや天気など必要な情報はかわりにアレクサから教えてもらってます。

このアクション自体は標準で搭載されているのですが
「今日のゴミの日」も教えてくれたら便利だなと思い少しアレンジしました。

設定方法
「実行条件」を「アレクサ、おはよう」に設定
「実行するアクション」に「ニュース」「天気」「スキル”今日のゴミ出し”」を設定
※ゴミの日を教えてくれる機能は標準では搭載されていないので、「スキル・ゲーム」から新しくダウンロードする必要があります。

覚えづらい名前や長い名前の指示をカンタンに

定型アクションだからといっていくつもアクションを詰め込まないといけないわけではありません。

ダウンロードしたスキルや、流したい楽曲の中には名前が長かったり
ややこしい名前だったりで、指示がうまく伝わらないものがあります。
仮にうまくいくにしても、たびたびその名前を正確に伝えるというのはかえって
面倒に感じますね。

そういった場合にフレーズ自体をカンタンにして、実行しやすくする時にも
定型アクションは役に立ちます。

例「アレクサ、プレイリストの”dinnerBGM”を再生して」という指示を「アレクサ、いただきます」に簡略化

夕食の際にゆったりした音楽をかけたくて作ったプレイリストですが、
「プレイリストの~」と言わないと正しくつたわらないので
毎回形式張った喋り方をする必要があったのですが、
フレーズそのものを「いただきます」にすることで、だいぶ直感的な指示の出し方が
できるようになりました。このためだけに音楽アプリ側のプレイリストや楽曲の名前を変更する必要がないのもありがたい点ですね。

設定方法
「実行条件」を「アレクサ、いただきます」に
「実行するアクション」に
「ミュージック「プレイリストのdinnerBGM」を設定

時間指定を利用して指示を出さずに実行

定型アクションの実行条件は声をかけるだけでなく、
「指定時間になったら自動で実行」するというのもあります。
毎回決まった時間にすることであれば、時間指定で登録すれば
指示することなくアレクサが実行してくれます。

例:「毎時00分」ごとに「現在時刻」を伝えさせて擬似時報機能に

私事ですが、子供ができてから1日の間にやることがたくさん増えました。
それも朝は「何時までには家を出る」夜は「何時までには子供を寝かせる」という
デッドラインがあるので、のんびりはできません。

そういったときに、毎時ごとに時間をお知らせしてくれると動き出す目安ができて
便利だなと思いアレクサの定型アクションに登録してみました。
なにか作業に没頭しているときにアレクサが「午後3時です」と一言サラっと時間を教えてくれるので、
作業自体の邪魔にならず、かつ没頭しすぎて時間が過ぎてしまったということも減ったので、これは登録してよかったなと思ってます。

設定方法(仮に朝8時になったら時報が鳴るよう設定する場合)

「実行条件」を「時間指定:8:00」に設定、
「実行するアクション」に「現在の時刻を知らせる」を設定
作った定型アクションをタップして、右上のメニューをタップ
「新しい定型アクションにアクションをコピー」を選択
「実行条件」を「時間指定:先ほど設定した時間の一時間後」に再設定
これを時報を鳴らしたい時間帯まで繰り返す

やり方は若干手間がかかります。
僕の場合、朝早いときは6時前から起きるので、
「実行条件:6:00」「実行するアクション:現在の時刻を知らせる」
とし、そこから「7:00」「8:00」・・・と続けていって、
諸々終わって寝る準備に入る「20:00」まで現在の時刻を知らせる設定をしました。

こんな具合にずらーっと同じ定型アクションを作成します

地道な作業ですが、一度設定してしまえばずっと実行してくれる上、
土日など、あまり時間を気にしたくないような場合は曜日指定もできるので
機能そのものは大変便利です。

最後に

今回は
こちらもまだ使い始めたばかりで、応用幅がとても広そうなので
また便利な使い方が見つかったら随時更新したいと思います。

コメント

  1. […] 【アレクサ 定型アクション】定型アクションでスマートスピーカーがもっ… […]

タイトルとURLをコピーしました