買うか悩んでる方必見!アレクサのメリット・デメリット

IoT
お悩み中の男性
お悩み中の男性

スマートスピーカーを買おうか悩んでるけど、実際にどんなメリットがあるんだろう?

<meta charset="utf-8">お悩み中の男性
お悩み中の男性

アレクサが便利って話を聞くけど、そんなに良いものなのかな?デメリットもあるんじゃない?

そんな方に向けてこの記事を書いています。

言葉で話しかけて色々なことをやってもらうことができるスマートスピーカー。

引っ越しなどの新生活のタイミングで購入を検討される方も多いかもしれません。

筆者も、引っ越しを機にスマートスピーカーAmazon echo Shaw5 を購入しました。

使い始めて1年以上たちますが、すっかり生活に溶け込んでます。

筆者
筆者

最初のうちは筆者くらいしか使っていませんでしたが、いまでは妻や子供もアレクサに声をかけてますね!

ただ、実際買うとなるとどう便利なのか気になるところ。

見た目はただのスピーカーだし、どんな機能が使えるのか具体的にはイメージが湧かないと思います。

筆者
筆者

実際、便利な面は多いですが使ってみると手間のかかる一面もありました。

今回は筆者自身がアレクサを1年以上使って感じたメリットとデメリットについてお話します。

この記事を通してアレクサがどう便利なのか、そしてどんなデメリットがあるかがわかります。

アレクサのメリットは声をかけるだけで自分の代わりに動いてくれること

アレクサ1番のメリットは声をかけるだけでアレクサが自分の代わりに色々なことをやってくれる点にあります。

一個一個は小さなことですが、わざわざ自分で動かなくても良いというのは一度慣れるともう引き返せないくらいに便利です。

もう一つはスキルと呼ばれるアレクサ内で機能するアプリケーションが充実しているところ。

スキルはアレクサアプリ内で簡単にダウンロード・導入することができます。

これらをカスタマイズすることで、より自分に合った使い方ができるようになります。

では具体的にどんなメリットがあるかについて詳しくお話しします。

移動せずに家電の操作ができる

いわゆるIoTと呼ばれる技術ですね。

モノをインターネットに接続することで、インターネットを経由して様々な操作ができる技術です。

アレクサの場合、スマートスピーカーに声をかけるだけでアレクサが家電を操作してくれます。

実際には別売のスマートリモコンとアレクサをインターネットで接続し、アレクサ経由で指示を出すことでスマートリモコンを操作すると言うものになります。

筆者
筆者

本来専用のアプリで操作するスマートリモコンですが、その操作をアレクサが代行してくれるわけですね。

筆者の家では、エアコンとテレビ、照明をアレクサで動かせるようにしています。

テレビを消したいけどリモコンが手元にない。

出かけようと靴を履いたところでエアコンの消し忘れに気づいた。

こんな時に声をかけるだけでかわりに消してくれるのがとても便利です。

こちらからの声かけで、必要な時に必要な情報を取得できる

スマートスピーカーはインターネットに接続されているので、webサイトの情報を集めることができます。

気になるキーワードやニュースなどをアレクサに話しかけるだけで必要な情報を流してくれるのでとても便利です。

設定を特に変更しなければYahooニュースの情報が流れますが、経済新聞やスポーツニュースなど、自分の好みに合わせたニュースに設定することも可能です。

かけたい音楽に悩む手間が省ける

スマートスピーカーはAmazon musicと連動して音楽を再生することができます。

その際に便利なのが「曲名を指定せずテーマや気分に合わせた音楽を流してもらう」ことができる点です。

たとえば、

アレクサ、リラックスできる音楽かけて

アレクサ、夏のアガる音楽再生して

と言った具合に声をかければその気分に合わせた音楽をかけてくれ、

アレクサ、90年代J-POPかけて

アレクサ、最新のヒットソングを再生して

といった具合にジャンルやテーマを指定すればそれに合わせた音楽を再生してくれます。

筆者自身子供とおうちで遊んでて、なんとなく無音で寂しい時には「子供向けの音楽を再生して」と声をかけて音楽を流してもらってます。

筆者
筆者

たまに子供も保育園で聞いた曲が流れることもあって、そんなときは子供も一緒になって歌ってくれます。とても楽しいですよ!

これと言った曲を聞きたいわけじゃないけど、なにか音楽が聴きたいと言った時にとても重宝します。

指示をカスタマイズして、自分だけの便利機能を追加できる

家電を操作するにしろニュースを流すにしろ.1個1個指示を出していたらやっぱり面倒なもの。

それを解消してくれるのがアレクサにある「定型アクション」という機能です。

これは時間や声かけの内容など「指示が下る条件」と、指示が下りたら具体的に「どんな操作を行うか」をあらかじめ設定することでユーザー独自のコマンドを作ることができる機能になります。

これは条件一つに対し、とれる操作を複数つなげることができます。

たとえば、条件を「アレクサ、おはよう」という声かけに設定。

それに対して「ニュースを流す」「天気予報を流す」「今日の予定の確認」の三つの操作を登録することで、「アレクサ、おはよう」と一声かけるだけで上記三つの情報が順番に流れてくるようになります。

他にも指示の下る条件を時間に設定すれば、「午前7時になったら部屋の照明とテレビとエアコンをつける」

といった具合に決められた時間になれば声をかけることもなく自動で家電を操作することもできるようになります。

筆者は定型アクションで1時間ごとに現在時刻を流すように設定することでアレクサを時報がわりにしています。

筆者
筆者

家で色々やってるとあっという間に時間が経ってしまうので、定期的に時間を教えてくれるととても助かります!

手動設定なので手間はかかりますが、深夜などならしたくない時間帯はならないようにもできる上、分単位で時間が設定できるのでとても柔軟に組むことができます。

詳しいやり方については以下の記事にまとめています。興味があればぜひどうぞ。

子供向けのコンテンツが充実している

アレクサの「スキル」の中には子供向けのスキルもたくさんあります。

絵本を読み聞かせてくれたり、お手伝いやお片付けのやる気をアップさせるような歌を流してくれたりなど、遊びだけじゃなく育児の助けになるようなスキルもあるのでとても助かります。

筆者の家では「歯磨きくん」というスキルを使って子供の歯磨きをしています。

筆者
筆者

いわゆる歯磨きの歌を流してくれるスキルなのですが、曲がシンプルでテンポよく歯磨きできるのと、曲自体がそこまで長くないので子供もそこまで嫌がらずに歯磨きさせてくれるのでいままでより歯磨きがスムーズになりました!

アレクサは初めのうちは色々と手間がかかるのがデメリット

機能面ではとても便利なアレクサですが、便利に扱えるようになるには様々な設定が必要というデメリットがあります。

また、機能を十分に使うためには別途機器を買う必要があったり、アプリのサブスクプランに登録する必要があったりと単体では十分機能しきれない一面もあります。

以下に詳しくお話しします。

音楽の利用には有料プランが必要

特に設定をかえずにアレクサに音楽をリクエストすると、Amazon musicを使用して音楽を再生します。

これだけであれば無料で使えるのですが、曲やアーティストの名前を指定しての再生ができない他、音楽の合間に広告が流れたりと、色々と不便する要素が出てきます。

筆者はApple Musicの月額プランに入っているので、お気に入りのプレイリストや聞きたい曲がある時はApple Musicと紐付けをして再生しています。

こちらも、月額プランに入っていないとアーティスト名や曲名で音楽をリクエストすふのとができません。

ただ、曲名に拘らずBGMとしてなんとなく音楽をかける程度であれば無料のAmazonmusicでもそこまで支障はでません。

筆者自身、メリットでお話しした「気分やテーマに合った曲を流してもらう」機能は無料で使えるので、BGMとして流すときはAmazon musicを使っています。

筆者
筆者

サブスクを入れてるApple Musicと違って途中広告も入りますが、聞き流している分にはそこまで邪魔にはならないレベルです。

また、普段使っている音楽用デバイスとスマートスピーカーをBluetoothで接続することで、音楽アプリの有料プランに登録していなくても好きな音楽やプレイリストが楽しめます。

接続自体も簡単なので、音楽アプリに月々お金を払いたくない!という場合はこちらの方がおすすめです。

スマート家電として機能させるには外部機器が必要

上にも書いた通り、スマートスピーカーを利用して家電を操作するにはスマートリモコンという外部機器が必要です。

スマートスピーカーのみを買っても家電を自在に操作できるわけではありません。

また、スマートリモコンを購入したら今度はおうちの家電で使われているリモコンの情報をスマートリモコンに登録する手間もあります。

筆者
筆者

家電自体が古いと家電のリモコンがスマートリモコンとうまく連動せず、設定に手間どることも…。

逆に仕組みを理解すると、赤外線で操作ができるアダプタなどと組み合わせることでもともとリモコンに対応していない家電をリモコン操作できるようになるなど、応用幅がとても広がります。

自分でアレコレ設定してみたいという方にはむしろ便利かもしれません。

便利に使いこなすには定型アクションなどの設定が必要

アレクサの便利な機能として定型アクションを挙げましたが、逆に定型アクションの設定をしていないとやや不便です。

アレクサに指示を出す場合、アレクサに指示を受付できる状態にするため最初に「アレクサ、」と声をかける必要があるためです。

つまり複数の家電を定型アクション抜きで操作しようとすると

アレクサ、テレビつけて

アレクサ、エアコンつけて

アレクサ、リビングの照明をつけて

と言った具合にその都度アレクサを呼びかける必要が出てきてしまいます。

筆者も最初のうちは一つ一つ指示を出してました。

筆者
筆者

正直、テレビをつけてもらってる間にエアコンのリモコンを探して直接つけた方が早かったりしますね…。

しばらく使ってるうちに自分の中で一度に行いたい動作がわかってくるので、それらの動作は定型アクションでまとめてしまうのがおすすめです。

最初に手間はかかるけど、慣れればとても便利!

今回はアレクサのメリットとデメリットについてお話ししました。

買ったばかりのうちは外部機器の費用や定型アクションの設定など手間やお金がかかりますが、最初の一手間がすんでしまえばとても便利に使うことができます。

定型アクションやアレクサの持つ「スキル」はアイデア次第で様々な応用ができるため、慣れてくるとアレクサのカスタマイズもとても楽しくなってきます。

スマートスピーカー購入を考えている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました